バカラの遊び方を解説┃はじめての方用の基本ルール説明

バカラの遊び方┃初心者必見の基本ルール説明

バカラの最大の魅力は、ゲームルールがシンプルで分かりやすいこと♪
初心者にも覚えやすいので、安心してくださいね。

まずはじめに、バカラは大きく分けて2種類「バカラ」「ミニバカラ」のテーブルがあります。

一般的には、どちらも「バカラ」と呼ばれ、「バカラ」「ミニバカラ」ともに基本的なルールは全く同じ。
ゲームの進行などに違いがありますが、今回は初心者の方にもわかりやすい
【バカラの基本ルール】をご紹介しましょう!

バカラ初心者にも覚えやすい基本ルール:9が最強!

バカラでのカードの数え方は、とてもシンプル。
手持ちのカードの、合計数の1の位の数だけを見ればいいのです。

なので、バカラで合計数というときは、すべて1の位の数字を指していると覚えてくださいね。

ちなみに、絵札(J/Q/K)はすべて「0」とカウントし、
エースは「1」とカウントします。

合計数が「9」を超えない範囲で、9に近いほうが勝ち!
ね?簡単でしょ?笑

勝敗は仮想対決で決まる!バンカーvsプレイヤー

バカラの遊び方┃初心者必見の基本ルール説明

最初のルールを見ると、ブラックジャックに似たところがあります。
ただしバカラは、ディーラーvsプレイヤーではありません。

またポーカーのように、同テーブルのプレイヤー同士の対決でもありません。

バカラはこれらと異なり、「あなた自身」は傍観者として、
ディーラーが目の前で進める「バンカー(BANKER)」と「プレイヤー(PLAYER)」の
仮想対決の勝敗の行方を予想するゲームです。
ボクシングで言い換えるならば、青コーナーのボクサーが勝つか、
赤コーナーのボクサーが勝つか・・・
わたしたちは、どっちが勝つか見守り、賭ける観客です。

ディーラーの役割は?

バカラにおけるディーラーの役割は、テキパキとカードを配って「バンカー(BANKER)」対「プレイヤー(PLAYER)」の架空対決を進めることです。

「バンカー」も「プレイヤー」も、ディーラーの意思ではなく、
バカラ特有の【ルール】に従ってカードを配るため、「配る・配らない」という選択はできません。
そのため、ディーラーがどんなに強そうに見えたって関係ありません♪

基本的にはゲームに参加している実際のプレイヤー(客)たちもカードに触れることはなく、
ディーラーが配るカードを、ただ見守るだけです。
※絞り(スクイーズ)で、客がカードに触れることもあります。

このようにして、最終カードの合計が「9」に近いほうが勝ちとなります。

バカラはルールも簡単でゲーム中一生懸命頭の中で戦略を練る必要もなく、
単純にゲームの行方を楽しむことができます。

バカラで使われる用語

・ピクチャー:絵柄カード(J、Q、K)のこと

・スタンド、ステイ(Stand、Stay):カードを引かないこと

・ヒット(Hit):カードを引くこと

・ナチュラル:PLAYER、BANKERとも初めの2枚の合計が「8」か「9」のことを
 ナチュラル8、ナチュラル9と呼ぶ

・デッキ数(Deck):52枚のトランプを1Deckとして、いくつのDeckで行われるかを示す
 通常は8Deckでゲームが行われる

・コミッション(ハウスエッジ):あなたがBANKERに賭け勝った場合に
 手数料として配当の5%をカジノに徴収されるカジノのしくみ

※ノーコミッションのバカラもあるが、その場合BANKER「6」で勝った場合のみ配当の50%が徴収される:「ロクハン」と呼ばれる

ちなみに、バカラではゲームの進行も清算もディーラーが勝手にやってくれます。
そのため、冗談抜きで初心者でも十分に遊んでいただけるのですが、
ゲームを楽しむためのポイントとして、ぜひ頭に入れておいてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする